コントロールカラーは活用する

流行のメイクアップグッズを揃えても、いまいちパッとしないことってありますよね。

「私ってメイクがヘタなのかも?」と不安になってしまうことも。

実はメイクのテクニックが問題なのではなく、メイクの色選びに失敗しているのかもしれません。

メイクをワンランク上げてくれるアイテムとして「コントロールカラー」があります。「CCクリーム」ともいいますね。


うまく使うことができれば、肌の赤みやニキビ跡を隠したり、お肌全体のトーンアップをしたりすることも可能です。厚塗り感をなくすことだってできるのです。


以下は、色別でそれぞれのコントロールカラーの特徴について解説しています。メイクの参考にしてみてください。


・イエロー

日本人に合いやすい無難な色。

健康的に見せたい、赤みやくすみのカバーにおすすめ。迷った時はイエローにしましょう。


・ピンク

こちらも比較的無難な色。女の子らしいフェミニンな仕上がりになります。

血色がよく見えるようになるため、顔色が悪くみられがちな方におすすめです。


・グリーン

透明感をアップさせる効果があり。

赤み・ニキビ跡を隠すのに最適で、全体に使うよりは気になるところのカバーにポイント使いするのがおすすめです。


・オレンジ

ファンデーションに近い色合いのため、カバー力が高めです。

茶クマなど、茶色系のシミ・クスミが気になる方におすすめ。オレンジ色の濃さにもよりますが、しっかり塗ると厚塗り感がでやすいので、目の下など暗い部分が気になるところを中心に使いましょう。


・ブルー

お肌全体のトーンアップ、透明感アップにおすすめの色です。

お肌の黄味が強いことが気になっている方にはイチオシの色。ただし、色白の方が使うと顔色が悪くみえてしまいます。


・パープル

お肌全体のトーンアップ、透明感アップにおすすめの色です。

赤みが入るためか、ブルーよりも肌の色になじみやすいのが特徴です。ブルーのコントロールカラーは合わなかった方も、パープルなら合うかもしれません。


コントロールカラーは、基本的には化粧下地の次に使います。化粧下地の代わりとして使えるものもありますが、基本的には気になる部分の色味をカバーするために使いましょう。

おでこ、ほほ、あご、鼻などにポイントでつけ、伸ばしていくのが基本です。赤みやニキビ跡を消す目的で使う場合は、その場所にクリームを点でつけて、スポンジで叩くようにしてなじませていきましょう。

コントロールカラーを使った後にファンデーションを乗せると、仕上がりの違いを実感できるはずです!

自分にあったコントロールカラーを使うことで、自然でワンランク上の美しいメイクができるようになりますよ。


トップページ 薄くすればいいってわけじゃない 男ウケだけ狙うと同性からは 第一印象で好感度をアップ メイク術は毎日続けよう 皆のメイク術は